禁煙と育毛の関係


禁煙することは育毛に効果的であるとされています。

その理由は喫煙時に起こる体の変化と関係があります。
喫煙を行うと毛細血管が収縮し始めます。このような現象が起こると当然のことながら血流が悪くなります。頭皮の血流が悪くなると髪の毛を作る毛乳頭に十分な栄養が運ばれなくなってしまいます。

これは薄毛を引き起こす原因となってしまうことがあるのです。
またタバコに含まれているニコチンにも薄毛を引き起こす働きがあります。ニコチンは体内のビタミンを破壊します。たとえばビタミンCには栄養の吸収を促す効果があります。そしてビタミンEには血行を正常に保つ働きがあるのです。どちらも育毛には欠かすことのできない働きを有しているわけです。しかしこれらのビタミンが喫煙によって破壊されてしまうわけですから、喫煙は育毛には適していません。

もちろん体質にもよりますし、薄毛の原因は様々ですので禁煙だけが育毛につながるというわけではありません。
しかし喫煙は薄毛を引き起こす働きを有しているために、薄毛が気になる人は禁煙を心がけた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>