少しだけゆとりを持って育毛に取り組むこと


外国人は髪の毛が薄くなってもそれはそれとして良しと考えている人が多いのに、日本人は髪の毛のことをとても気にしているようです。自由さが外国人よりも足りないというか、日本人は真面目な国民だから薄毛に対してもそういう気質というかなんて言うか放っておけないのかもしれません。

薄毛の状態で生きていくことが辛いという気持ちと、他人の目を気にする気持ちの二つが「育毛しなくてはいけない!」という気持ちを駆り立てるのでしょう。それも仕方がないことだと思います。日本人ってとっても生真面目な人が多いんですよね。

「自分は自分だからこれで良い!」と思う人も確かにいるけれど、必要以上に人の目を気にしすぎる人は多いです。その点外国の人たちは自由さと明るさと「自分は自分だ!」という気持ちが十分で素敵だと思います。

日本人で薄毛に悩んでいる人は、実践している育毛方法を無駄にしないためにも少しゆとりを持って生活したり、考え方にもゆとりを持つと育毛にいい効果が出るんじゃないかな~と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>